地球照に淡く輝く月と明けの明星のランデブー2020年12月13日 10:53


月と金星のランデブー

ふたご座流星群が見たくて、昨夜は何度も夜空を見上げました。
南の空にはオリオン座。三つ星がはっきり見えるほど澄んだ空です。
その下にはシリウスが、ダイヤモンドのようにきらきらと輝いています。
流星は見えなかったけれど、その輝きに、心が洗われるようでした。

今朝の夜明け前も、バルコニーに出てみました。
流星群があきらめきれなくて。
すると、息を呑むような美しい光景が広がっていました。

東の空に、細い月と明けの明星が、信じられないくらい近くに輝いていたのです。
細い月と金星のランデブーは、たびたび見かけますが、こんな近いのは、初めてです。

上の写真、スマホで撮ったので、一眼レフのようにはきれいに見えないけれど
なんとなくわかるでしょうか。
地平線近くの空が茜色を帯びるなか、
月は、影の部分が地球照に淡く輝いて、はっきりと丸く見えます。
クリックして拡大してみてくださいね。

そのあとで撮った一枚を拡大したのが下の写真です。
月は、もうすぐ新月を迎えるところで、実際にはもっと細いのですが、
写真だとぼやけてしまうのが残念。
それでも、月の明るい部分だけでなく、全体像が淡くわかるかな。

地球照2020年12月13日未明

調べてみたら、今日、12月13日の夜明け前は、
地球照をともなった月と金星が大接近するとのこと。
地球照は、月の暗い部分が薄明るく見える現象で、地球に反射した太陽の光が
月面を照らしているのだそうです。

止まらないコロナの感染拡大に、世間の空気は重苦しく、
個人的にも心配事が続いていますが、
夜空のショーの贈り物は、それでも世界は美しいと教えてくれます。

今夜から明日にかけて、ふたご座流星群はピークを迎えます。
名古屋は曇りの予報ですが(もうすでに曇っています。晴れないかなぁ)、
日付が変わる頃が一番見頃のようです。
思い出したら、夜空を見上げてみてくださいね。

☆  ☆  ☆

『盗賊と星の雫』に登場する流星群のエピソードは、
1998年の獅子座流星群の夜の体験をもとに描いています。
数をぐっと多くして描きましたが、火球が世界を照らすさまは実際に目にしたままです。
そのときのお話は、いつかゆっくり書きますね。

木星と土星〜400年ぶりの大接近2020年12月21日 22:15


木星と土星

妹の家に手伝いに行き、ちょうど日没のあとに帰ってきたので、
南西の空が見えるところまで行って、
藍色の空を見上げました。
なにしろ、1623年以来の、木星と土星の大接近が見られるのです。

すぐに、大きく輝く星がみつかりました。
最初はひとつの星のように見えたのですが、暗さに目がなれると、
木星の斜め上に、控えめに瞬く土星が見えました。
はかなげに瞬くので、消えたり、現れたりするように見えます。

写真は、わたしの旧式スマホで撮ったものです。
クリック拡大しても、ぼやけてしか見えなくて、ごめんなさい。
(大きく輝いているのが木星。そして、その右上に、ほとんど重なるように
薄くぼうっと見えるのが土星です。少しでも伝わるとよいのですが…)

望遠鏡だと、木星のすじや、そのまわりの衛星たち、そして、右上の土星には
くっきりと輪が見えるでしょうね。
肉眼でも、木星と土星が寄り添うように輝く光景は、本当に神秘的でした。

ところで、昨日、タイトルに400年に一度と書いてしまってごめんなさい。
訂正しました。今回ほどの大接近が見られるのは、次は2080年だそうです。

木星は12年で太陽の周りを一周。土星は30年で一周し、
太陽から見ると20年ごとに同じ方向に並ぶとのこと。
実際は、わたしたちが地球から見ていることや、周期が楕円軌道などの影響で
多少周期が変化しますが、ほぼ20年に一度だそうです。
ただ、木星と土星の公転軌道がわずかに傾いているため、
毎回大接近をするというわけではなく、今回は397年ぶり。
そして、次回は60年後の2080年なのだそうです。

澄んだ冬の星空のように、地上のコロナ禍も、やがておさまり、
あたりまえの日常が、早く帰ってきますように。

追記:今夜(22日)も日が沈んだあと、ふたつの惑星が輝いていました。
昨日より少し離れているので、わかりやすかったです。
木星の斜め上だった土星が右隣に見えます。夜空は澄んで、月もきれいでした。

木星と土星

クリスマスの名古屋港2020年12月25日 16:22


クリスマスの名古屋港

免許の更新手続きに、港警察署に行ってきました。
せっかく港まで来たので、帰りに散策してきました。クリスマスの昼間の港は、人影も
まばらで、曇り空の下、海も鉛色でしたが、風もなく、気持ちよかったです。
ここ数日、家族のことで毎日奔走してちょっと疲れていたし、自分自身の健康上の問題も
あって、悩みごとが続いていますが、そんなとき、海はひととき心を解き放ってくれます。

左手奥に見えるのが、南極観測船ふじです。右側のアーチの下は人が渡れるように
なっています。
歩きながら心に流れるのは、ジョン・レノンのHappy Christmas♫
大好きな歌です。
War is over. If you want it.
かもめたちが飛ぶ空の下、今年のクリスマスも、コーラスの歌詞が心にしみました。

なかなかまとまった時間が取れず、本格的には復帰できませんが、
少しずつ『ユリディケ』の続きの準備もしています。本当におまたせしてごめんなさい。

皆が大変でつらい時期のクリスマス。世界中の平和と幸せを祈ります。