『ユリディケ』出版&デビュー30周年2019年03月31日 21:12

『ユリディケ』は1989年の3月に出版されました。
現在、手もとには、1993年の4刷りしかなくて、日にちはわからないのですが、
そういえば今月だったと、ふと思いだしました。(あと2時間と少しで4月です…)
デビュー30周年でもあり、そんなときに骨折するなんて、いかにもドジなわたしらしい
と、妙に納得してしまいます。

『ユリディケ』の初稿は、最初、高校時代のクラスメイト岸井美恵子さん
(大学でも同じ学部&同じ体育会洋弓部。児童文学の出版社、理論社の編集者です)に
読んでもらいました。
入社後初めての年賀状に、「将来、ふー(わたしのニックネーム)の本を、わたしの編集で
出せたらと思っています。夢は大きく」と書いてくれたのが、本当にうれしかったのです。

素人の書いた荒削りの物語は、出版が決まるまで紆余曲折あり、時間がかかりましたが、
やがてゴーサインが出て、編集者がもうひとりつくことになりました。
友だちでは、お互いやりにくいのではと、岸井さんが心配してくれたのです。
やはり同い年の女性で、全員20代のチームとなりました。

みんな若いだけに(というか、おそらくわたしが物知らずであったために)、
いろいろと真正面からぶつかりました。
大変だったことのひとつは、タイトル。
『ユリディケ』では、なんの話かさっぱりわからない、というふたり。
でも、わたしの頭の中のイメージは、『ユリディケ』しかありません。
互いに一歩も譲らず、ようやく、サブタイトルをつける、ということで落ち着き、
何十もの候補を出し合って、その中から「時をこえた旅人たちの物語」を選びました。

PR用の葉書も作ってくださるなど、つねに新しいアイデアを思いつき、
真摯に取り組んでくださったおふたりには、いまでも感謝の気持ちでいっぱいです。

さて。明日は新元号が発表されますね。
新しい時代が、平和で平らかな世界をもたらしますように。

サラファーンの星〜本のタイトルが決まるまで2019年02月26日 13:11

〈サラファーンの星〉第Ⅰ部『星の羅針盤』のタイトルは、当初、シリーズタイトルが
〈早春のリーヴェイン〉、第Ⅰ部のタイトルは『最果ての国』でした。

さて。初稿のゲラもできあがり、いざ校正段階となったある日。
編集会議で、シリーズタイトルも第Ⅰ部のタイトルも「茫洋としている」と問題に。

ひっくり返りそうになりました!
もう出版目前だし、わたしの中では、長年そのタイトルできています。

後日譚の『ユリディケ』は冒険ものの色合いが強かったのですが、今回は、
滅びゆく世界を舞台に、家族の物語、市井の人びとの物語を伝えたいと思っていました。
特に、第Ⅰ部は、戦争の足音が迫る直前の、最果ての小さな国を舞台に、
やがて失われゆくささやかな日常や、初恋や友情、家族の愛と葛藤を描きたく、
『最果ての国』はそれにふさわしいタイトルに思えました。
早春のリーヴェインも、戦乱の世界と対極にある、美しい世界の象徴として、
また、第四部終盤のセリフと重ねて決めていたシリーズタイトルでした。

しかしながら、茫洋としている、という指摘は、確かに的を射ています。
さて、どうするか。

書いていると、譲れることと、譲れないことがあるのですが、
タイトルに関して、あらためて考えてみると、絶対に譲れない、というほど
強い思いはないと気がつきました。
そこで、考えに考えた末、シリーズタイトルとして

遙かな時の物語
最果ての国(第Ⅰ部のタイトルをこちらにまわす)

また、第Ⅰ部のタイトルとして、

星に祈りし者
薄葉月に生まれし者
星降月の旅人
サンザシ館の人びと・・・などの案を提出。

すると、編集の小林さんからこんな返答が。

「もうちょっとファンタジーらしいインパクトというか、フックのあるものを」

むむむ。
考えすぎると、人間、頭がぼーっとしてきます。
シリーズタイトルとして、適当にえいっとばかりに出したのが、
サラファーンの星でした。

第Ⅰ部のタイトルは、本文中の、フィーンの王のセリフ
「サラファーンの星を羅針盤にして」から『星の羅針盤』をピックアップ。
海外のファンタジーで『黄金の羅針盤』があるのが気になったのですが、
ファンタジーの好きな友人や、その友人たちに、いくつか候補を挙げて
どれがいいか聞いたところ、断トツの一番人気が『星の羅針盤』。

小林さんと出版社のOKもでて、ほっとしました。
あのとき協力してくださったみなさん、ありがとうございました!

第二部から第四部のタイトルも、『星水晶の歌』以外、すべて変わりましたが
候補であったタイトルは、いずれこの世界を舞台とした短編に、と思っています。