物語の中の鳥たち2020年01月26日 16:26

好きな動物はいろいろですが、鳥たちもそのひとつ。
鳥のように大空が飛べたらいいなぁと憧れますし、
鳥の言葉がわかったら素敵だなと思います。

サラファーンの物語にも、たくさんの鳥たちを登場させました。
一番多く出てくるのは、フィーンの旧世界から渡ってきた瑠璃色の鳥でしょうか。
もう最後の一羽となってしまったフィーナヴィル。
思い描いた人(あるいはフィーン)のところへ、空間を超えて一瞬のうちに
飛翔します。
幼鳥のときに、翼に傷を追って浜辺にいたところを、
少年だったヨルセイスに助けられ、以来、深くヨルセイスを慕っています。
ヨルセイスの従妹エレタナ王女が、人間の王子ランドリアと駆け落ちした際、
なにかあったときの連絡手段にと、ヨルセイスからふたりに託されます。

もう20年以上前のこと、岐阜の実家の近くの川で、カワセミを見かけました。
瑠璃色に輝く翼が本当にきれいでした。
たった一度しか見たことがないのですが、フィーナヴィルが瑠璃色なのは、
カワセミへの憧れがあるんだろうなと自分で分析しています。

瑠璃色の小鳥とともに、多く登場するのが、春歌鳥です。
春を告げる小鳥で、イメージはウグイスに近いです。
ウグイスは、名古屋でも春になるとよく鳴いていますが、
名古屋で姿を見たことは、まだありません。
でも、実家の庭では、時々愛らしい姿を見せてくれました。
窓辺の金木犀の木が好きで、飛んできてはよい声で歌っていたのです。
顔もとっても可愛らしい。目が優しくて、色が渋めのところも
なんとも奥ゆかしくていいんです。

ものすごくよく来てくれて、始終歌ってくれた春がありました。
その歌が途絶えたある日、近所の携帯ショップの前を通りかかると、
ウインドウの真下で、ウグイスが死んでいました。
ガラスが透明で、見えなくて、ぶつかってしまったのだと思います。
いつも歌ってくれていた子のような気がしました。
野生の鳥だからそうしてよいかわからないけれど、可哀想でならなくて
そっと拾い上げました。
本当に小さくて羽のように軽くて、切なかったです。
ガラスにぶつからなかったら、もっと何年も生きたかもしれないのに。
そんな文明社会の一員でごめんね、そして、
この春たくさん歌ってくれてありがとうと祈りを込めて、
庭の片隅に埋めました。

そのほか、星ツグミや藍色雁、紅鴎、物語の中で重要な役割を演じる
三日月鳥などが登場します。
(サラファーンの星公式サイトのWORLDページ、自然と暮らしの項目で
紹介しています。)

実家の周りは、意外なほど野生の鳥が多く訪れて、先日も、ケリのつがいを
初めて見ました。雀はお隣の屋根に何年も住みついているし、
燕はあちこちの軒下に毎年巣を作っているし、合鴨も近くの川(カワセミの
いた川)で、子育てしています。
川にはシラサギやアオサギもやってきます。
また、庭にはウグイスのほか、ツグミやメジロ、ジョウビタキ、ヒヨドリ、
ムクドリも訪れます。
数年前は、二羽のカラスが協力して、トンビを追い払うのを見ました。
セキレイやキセキレイも庭に来るお客さん。
こちらの写真は、スズメとのフォーショット。
(小さくてごめんなさい。スズメは三羽います。)

セキレイとすずめ

セキレイは、けっこう人を恐れないというか、かなり近くまでやってきます。
先日、朝のゴミ出しに行った帰り、セキレイが向こうから路地を歩いてきました。
思わず「おはよう」と声をかけて、おどかさないようにそっと歩くと、
本当に、50センチぐらいしか離れていないところを、すれ違っていきました。

虫愛づる姫君、熱き思いを語る2020年01月21日 20:19


名古屋昆虫同好会総会特別講演リーフレット
         ©名古屋昆虫同好会

友だちのお嬢さん弓女(ゆめ)ちゃんは、幼いときから虫が大好き。
虫愛づる姫君、あるいは、ナウシカといったところでしょうか。
親子で大自然の中を旅をするという話を、環境保護活動をしている友だちから
聞きながら、いつか会ってお話を聞いてみたいなぁと思っていました。

わたしは、ひとつのことに情熱を燃やす人にとても惹かれます。
(なので、物語の中でも、音楽を奏でていると、食事も睡眠も大事な約束も
ぜ〜んぶ忘れてしまう少年ジョサのようなキャラクターを描いたりします。)

弓女ちゃんは、日本で虫の研究が思う存分できるのは、生態学研究センターのある
京都大学だと知って、虫への思いを貫くために猛勉強して京大に進学。
イギリスの科学誌に論文が掲載され、ネイチャー・ニュースの取材を受け、
大学院卒業後は、スミソニアン研究所の研究員に。
現在は、愛媛大学大学院の助教です。

多忙で偉い人になっちゃったから、気軽にお話を聞くのはもう無理だなぁと
弓女ちゃんのためには嬉しいけど、自分のためには少し寂しく思っていました。
が、なんと、友だちから、弓女ちゃんが名古屋で講演するとのメッセージが!
しかも、姪の公演と同じ日で、会場はそこから徒歩圏内!
神さまは、なんて粋なはからいをしてくれることでしょう。

ところで、わたしは虫があまり得意ではありません。
子どものころは、青虫をとって(手でつまんだんですねえ。信じられないけど)
蝶になるまで育てたり、鈴虫を飼ったりしていたのに、
いつごろから怖いと思うようになったのかなぁ。
昆虫は、地球において、とっても大切な存在なのに。
(昔『ユリディケ』の物語が降ってきたとき、虹色の蝶が舞う光景は、ほとんど
同時に降ってきたのです。蝶の前はサナギ、サナギの前は幼虫だったわけですよね…。
それに関しては、ひとしきり考察をしたことがあるので、いずれ記事にします。)

そんなこともあって、弓女ちゃんが、どういうふうに虫を好きになったのか、
とても興味がありました。
それに、ひとつのことを溢れんばかりの情熱で愛する人の思いを
ぜひ聞いてみたいではないですか。
そんなわけで、わくわくしながら会場に向かいました。

お話はとっても面白くて、あっというまの1時間半でした!
最初に好きになったのは、蛾だったそうです。
なぜかっていうと、模様がとっても美しかったからだそうです。

「その模様を見ているだけで美しい。
街灯にむらがっているだけで美しい。
死骸が地面に落ちているだけで美しい。」

淡々とした語り口に、逆に、熱い思いがほとばしっているのが感じられて
蛾はあまり得意でないわたしまで、そうか、美しいんだ!と思えてきました。
そこから、どうやったら昆虫学者になれるか真剣に考え、今の道に進んできたそうです。
いいなぁ。まっすぐな生き方。まばゆいです。

そして、最も原始的な蛾、生きる宝石(!)と呼ばれるコバネガの研究をした京大時代。
コバネガと、コバネガが食べる苔を求めて日本や世界を飛び回ったそうです。

大学院では、苔を食べるアブを研究。捕食性のアブとは違って、
幼虫は、リーフマイナーといって(葉に潜る。文字通り、潜葉虫)植物の中で
植物の中を流れる液体を食べるのだけど、顕微鏡で見ると、食べてるときの目が
動いて可愛んです、と弓女ちゃん。
その映像を見せてくれたのですが、本当だ。つぶらな瞳が食べるのに合わせて、
ちょっとくるくる動くんですよね。なるほど、可愛いかも!

いままで知らない虫の世界を、新しい視点から(虫をこよなく愛する人の視点から)
見ることができて、興味の尽きないひとときでした。
本当にやりたいことはなにか、ということが大切だと学んだスミソニアン時代の
エピソードや、
変わった女の子だった自分を、両親はいつも応援してくれた、という
感謝の言葉にも、胸を打たれました。

これからも、植物の進化と虫の進化が、いかに互いにかかわりあってきたかという、
虫たちの背後にある見えない物語、生き物の多様性と進化の物語を読み解く研究を、
続けていきたいとのこと。
そんな彼女を、遠くからそっと応援していきたいです。

すべての人生に意味がある2020年01月21日 10:18

ジョサは若い主人公のひとり。鍵盤楽器を奏で、作曲もする音楽家です。
サラファーンの星四部作の中で、もっとも純粋で、もっとも平和を愛するキャラクター。

リーヴをはじめ、登場人物には、自分の存在価値を見いだせない者もいます。
みんなと違って、自分は内気で、なんの取り柄もないと思ったり、
親に虐待され、誰からも愛される資格のない人間だと思ったり。

でも、ジョサは、すべての人に価値があると信じているし、誰の中にもそれを
見出すことができます。
オーケストラと演奏をすることがある彼は、それをこんなふうにとらえています。

いろんな声やさまざまな楽器がハーモニーを奏でるからこそ、
素敵な合唱や素晴らしいシンフォニーになるんだ。
みんなが同じだったら、つまらないじゃないか。

健常者ではない人を、必要がないって排除してしまう狭い考え方では
本当に、つまらない世の中になってしまいます。
いろんな人がいて初めて、世界には色やハーモニーがあふれるのだと感じます。
国籍の違う人、肌の色の違う人、障害のある人、ない人、性的指向の違う人、
金子みすゞがいうように、「みんなちがって、みんないい」。

19日の日曜日、名古屋市千種文化小劇場で、
「ダンスサークルトライアングル&車椅子名古屋ビバーチェ」の
ライブパフォーマンスがありました。
ダンスサークルトライアングルは、
「障がいのある方々とその家族、学生および本活動に賛同する有志で構成」
されているそうです。

自閉症スペクトラムで施設に入っている姪は、
その施設のダンスサークルに入っていて、2曲、友情出演しています。
それで公演のことを知って、母と妹夫婦と一緒にいってきました。
当日、わたしは友達のお嬢さんの講演会に行く予定があり、
前半のトライアングルのダンスだけしか観られなかったのですが、
嵐の曲やパプリカ、DA PUMPのUSAなどに乗って踊る、
とってもパワフルで、笑顔があふれる素敵な公演でした。

みんな思い切り楽しんでいるのが、こちらにも伝わってきて、
すごくハッピーな気持ちになりました。あんなに笑顔でなにかを観たのは
いつ以来でしょう。

どんな人も大切な存在で、すべての人生に意味がある。
それがわたしの信念です。

世の中にあふれる犯罪や悲劇は、自分の価値に気づかずに、悩み、迷い、
暗闇をさまよっている人たちが引き起こすこともある気がします。
誰もが大切な存在だと感じることができる社会にしていかなくてはと思います。

梅の花が咲きました2020年01月13日 20:59


実家の庭の梅

岐阜の実家の庭で、白い梅がほころびはじめていました。
これから、近くを通るたびに、良い香りをただよわせてくれることでしょう。

真っ白な梅は、30年ほど前、いただいた小さな盆栽を直植えにしたものです。
大人の背ほどになりました。毎年、たくさん花をつけて、実を実らせます。
ジャムにすると美味しいです。

でも、今年はあまりに早くてびっくり。まだ1月のなかばなのに。
温暖化の影響かと思うと複雑な気持ちになります。
梅はけなげにいっぱいつぼみをつけ、いま、どう感じているのかなぁ…。

気候クライシス〜科学者からの警告2020年01月13日 11:17

今日、1月13日午後11時から、NHKBS1で、BS1スペシャル

去年日本を襲った巨大台風のような未曾有の災害が、世界各地で起きています。
国連機関IPCCの科学者たちは、このままの生活を続ければ
「気候変動により人間が暮らせる場所が地球から次々と消失する」と警告。
番組は気候変動の実態と対策を検証するというもの。
「アバター」や「ターミネーター」のキャメロン監督の取り組みも紹介するそうです。

先日少し紹介したNHKスペシャル「10 Years After未来への分岐点」でも、
気候変動の問題は大きく取り上げていました。
あのときは、前半を見そびれたので、8日の再放送で見ました。

その記事で「オーシャン・クリーンアップ・プロジェクト」を始めた若者のことを
書きましたが、その若者、オランダのボイヤン・スラットさんが、
きっかけは、15歳のとき、ギリシャへ家族旅行に行ったことだと語っていました。

彼は、美しい海で泳ごうと心ときめかせていたのに、実際に泳いでみると、
魚よりもゴミのほうが多くて、とてもがっかりしたそうです。
それが、海をきれいにしたいという思いに繋がり、
17歳のときにしたTEDスピーチが大勢の大人たちの胸を打ち、
大きなプロジェクトへとなっていったのでした。

このNHKスペシャルでは、2030年に、CO2を半分まで削減するには、
なにをすればよいのかを
国立環境研究所地球環境センター副センター長の江守正多さんが、
わかりやすく説明していました。
(わたしが最初にグレタさんのことを詳しく知ったのは、江守さんの記事で
ずっと、どんな方か気になっていたので、お話を聞けてうれしかったです。)

江守さんによると、温室効果ガスをへらすには、石炭火力発電所の新設の中止、
再生エネルギーの拡大、脱プラスチック(プラスチックは製造過程で二酸化炭素を
発生させるし、海に漂っているときも発生させ続けるそうです!)
それらを可能にするイノベーションが必要だけれど、
何よりも必要なのは、「常識の変化」だそうです。

そうはいっても、石炭は必要だよね、とか、プラスチックはいるよね、という
常識を変えること。
新しいイノベーションで、それを乗り越えていくこと、というお話でした。
同時に、ひとりひとりが暮らしを見直すことも大切だと感じます。

ところで、多くの人が、危機を危機として感じていないのはあたりまえだと
グレタさんはいっています。
これまで、ほとんど知らされていなかったから、と。

かけがえのない地球という星を、若い世代に受け渡すためにも、
自分の利益しか考えない政治家や、お金儲けを第一に考える企業の言うことではなく
(もちろん、そうした政治家や企業ばかりではありませんが)
まず、地道に客観的に事実を集め、データを分析している科学者たちの声に
真摯に耳を傾けたいと思います。

「10 Years After 未来への分岐点」2020年01月06日 14:48

元旦のNHKスペシャル「10 Years After 未来への分岐点」は、
真っ向から現在と未来を見つめた番組でした。
気がついたたら半分終わっていてガ〜ン!
でも、再放送が明日の深夜にあります。(よかった〜。録画予約しました!)

現在世界が直面している、地球温暖化、食糧や水資源、AIやバイオテクノロジーの
急速な発展などの問題に、この10年、どのように向き合っていくか。
さまざまな分野の専門家は、それが、地球の未来を決める大きな分岐点になると
口をそろえていっているそうです。
ホーキング博士も、遺作の中で、同様のことを熱を込めて語っていました。
「いまなら間に合う。すぐに行動しよう!」と。
(この本のことは、いつか紹介したいと思っています。)

わたしが見た後半、海洋ゴミの問題に取り組む若者が登場しました。
オランダの25歳の男性です。17歳の時、プラスチック容器やペットボトルが
大量に捨てられて、海の生態系に大きな影響を与えていることに胸を痛め、
オーシャン・クリーンアップ・プロジェクトを始めた若者です。
本当にすごい。グレタさんもそうですが、世界のことを思う愛と情熱
たったひとりで始める勇気には、自分もコツコツとできることをしようと
励まされます。

水資源に関しては、先日亡くなった中村哲さんの活動が紹介されていました。
中村さんも、実直に、誠実に、ひとつひとつ積み上げていった人。
あらためてその死が惜しまれます。

いずれ人間の知能を凌駕するだろうとされるAIに関しては、
「ターミネーター」の映像(!)を例に出して、とりあげられていました。
人による生命デザインも、科学が暴走しそうで、大きな注意が必要な問題です。
見逃した前半は、気候変動問題をとりあげていたのだと思います。

再放送は、NHK総合で、8日の0時35分〜1時50分(7日の深夜)。
新しい年の最初にふさわしい素晴らしい番組です。
たくさんの人に見てほしいです!