ユナからルシタナへ ルシタナからふたたびユナへ2018年12月02日 12:18

              
ルシタナ彩色スケッチ by Fumiko Endo
               ルシタナの彩色スケッチ

かつて『ユリディケ』の構想が浮かんだとき、元気いっぱいの女の子の姿が見えました。それがタイトルロールのユリディケ(愛称ユナ)です。


ユナは、亡き両親にかわって、伯父夫婦に愛情いっぱいに育てられた、天真爛漫なお転婆娘。村一番の美人で、村の男の子たちからちやほやされ、ちょっと、いえ、ずいぶんとわがままです。

学校を卒業したあと、気ままな毎日を送っていましたが、あるとき、二千年前の伝説の娘ルシタナの生まれかわりで、失われたダイヤモンドの剣を探す運命にあると告げられたことから、不本意ながら異国へ旅立つことになります。

伝説で語られたルシタナは、人間の王子と不老の民フィーンの王女とのあいだに生まれた娘。心やさしく、勇気も人一倍。ユナとの共通点は、美しいということだけ。


ユナは、そんな〈過去の自分〉に押しつぶされそうになりながら、辛く厳しい旅を通して、ひとの心の痛みや悲しみを感じられる人間に成長していきます。


そんな変化をはっきりと描くために、ユナの設定は、敢えて気が強く、自分のことしか考えない、お世辞にも性格がいいとはいえない少女にしました。(絶対にに友だちにしたくないタイプ!)

もう少しトーンを抑えても、心の成長は充分に描けたと、今なら思います。

ただ、『ユリディケ』を書き始めたのは二十六歳のころ。若かったわたしは、そんなふうには思いませんでした。


それが、歳月が流れ、〈サラファーンの星〉四部作を執筆するうちに、ユナのキャラクターに違和感を覚えるようになってきました。

そこで、四部作を書き終えた『ユリディケ』を改稿する際には、ユナの描写に手を入れることにしました。

現在、無邪気で自由奔放なところは残して、我が儘放題の部分を少しやわらげながら、改稿を進めています。


そんな今、感謝の気持ちとともに思い出すのは、『ユリディケ』を出版したあと、そんなユナのことを好きだといって、あたたかなファンレターをくださった若い読者の方々のことです。きっと、ユナの欠点をおおらかに受け止め、彼女の成長を見守るように読んでくださったに違いありません。

完璧な人間などいませんし、もしいたら、ひどくつまらないですよね。若いのに、そうしたことを自然と感じて、欠点がいっぱいのヒロインを応援してくださったと思うと、胸がいっぱいになります。

(改訂版をどう思うかなぁ…。がっかりさせてしまったらごめんなさいm(_ _)m)


伝説では完全無比のようにいわれているルシタナにも、いくつか欠点があります。そんなルシタナのキャラクターを描くのは、〈サラファーンの星〉を書く上での楽しみのひとつでした。

脇役でも、欠点の多いキャラクターを描くのは、楽しかったです。彼ら彼女らは、ごく自然に動きまわってくれるので、大いに助けられました。


「現代」の物語から始めて、「過去」の物語に戻り、ふたたび「現代」に立ち返る。

そうして、ようやく、サラファーンの長い物語の終わりを迎えられそうな気がしています。

登場人物のモデルは?2018年11月19日 21:27


黒のジョー・スケッチ by Fumiko Endo

「登場人物にモデルはいますか?」

そんな質問を受けることがあります。

こたえはシンプル。彼らはみな、想像上の人物です。

 

わたしが物語を書くのは、ストーリーが頭の中で次々と展開し始めてからなのですが、その段階ではすでに、何人もの登場人物が、それぞれ勝手に動いています。

さまざまな人物がどんどん登場して、物語が展開していく、といった方が正しいかもしれません。物語と人物は、密接に結びついていて、切っても切れない関係です。

ほとんどの人物は、初期の段階からユニークな個性があり、それを強くアピールしてきます。

わたしはすっかり彼らに惹きつけられ、どんな性格で、どんな人生を歩んできたのか、これから、どんな人生を歩むのか、興味津々で、彼らの語る言葉にじっと耳を傾けます。

〈サラファーンの星〉では、あまりに多くのキャラクターが浮かんできて、結果的にカットせざるを得ない人物が何人もいました。

実在の人物までモデルにしていたら、収拾がつかなくなっていたでしょう。

 

そんななか、ひとり、いえ、一匹(一頭)だけ例外が。

リーヴの愛犬チェスターです。

チェスターは、最初フィツィという名前でしたが、スコットランドに住む父の友人を訪ねたとき、彼の愛犬チェスターがあまりに可愛かったので、その名をもらうことにしたのです。

チェスターはゴールデンレトリバーの血を引く大きな犬で、虐待を受けて施設に保護されていたのを、プラットさん夫妻が引き取ったということでした。大きな屋敷で夫妻に可愛がられ、幸せそうにしている姿に、本当によい家庭にもらわれたとしみじみ思ったものです。

 

また、二度の結婚をして、二度妻を失ったダン伯父さんの人生には、大好きだった祖父の人生と重なるところがあります(母方の祖父は、三度の結婚をして、一度離婚、二度妻を失っています。恋をするときはいつも本気だったそうで、最後の妻であるわたしの祖母のことも、それはそれは愛していました)。どちらも情熱的で、人望があります。

ただ、そのほかの性格や設定はまったく違いますし、祖父の人生はさらに波瀾万丈でした。

 

現代物の『ママはシングル』では、ママは広告代理店のCMプランナーという設定です。

ママのドジな性格や大失敗のエピソードには、広告代理店で働いていたわたし自身の性格や経験が投影されています。でも、仕事がバリバリできるママの姿は、残念ながら、ただのあこがれです。わたしはまったくの落ちこぼれ社員でしたから。

 

冒頭の画像は黒のジョーのスケッチです。もう少し髪を長くしたかったのですが、いまひとつビシッと決まりませんでした。公式サイトのイラストは、これに水彩色鉛筆で色づけしたものを、チャーミングで頼れるデザイナー、畠山美奈子さんがCGに起こしてくれたものです。


このジョーを始め、個々のキャラクターについては、それぞれまたゆっくりお話ししますね。