3月11日の祈り2020年03月11日 16:41


河津桜

あの日から9年が過ぎました。
岐阜の実家から名古屋の妹の家に向かう高速で、横揺れが来たことを思い出します。
強風だと思ったのに、妹の家につくと、「お姉さん、大変なことになっている」と…。
テレビの画面に映し出される津波の映像に、言葉を失いました。

その夜、帰りの高速は、一般の車はほとんど走っていませんでした。
だから、道はとても暗かったです。
その暗いなかを、自衛隊の装甲車が、赤いランプを点滅させながら、次々と東京方面へと
向かっていくのと、何度もすれ違いました。
ずっと鳥肌がたったまま、運転しながら、
「どうかみなさん無事でいて。そして、どうかたくさんの人たちを助けてください」
そう願い、祈ることしか、できませんでした。

二年前、4部作の最後の入稿をおえたあと、初めて被災地を訪れました。
津波の爪痕がくっきりと残る大地。語り部の方の、壮絶な「あの日」の体験。
それを聞いたわたしでさえ、まだ心の整理ができないような、むごい事実……。
天災と人災。ふせげたかもしれない、守れたかもしれない命も、
たくさんあったということ……。

コロナウイルスの脅威が大きくなるなか、迎える、10年目の3月11日。
そのために復興が遅れることなく、日々着実に進みますようにと願っています。

そして、亡くなられた方々の魂が安らかでありますように
いまだ行方のわからない方々が、一日も早く見つかりますように
仮設住宅に住んでいる方々、故郷を離れている方々が、
新しい住まいで暮らせたり、故郷の家に戻れますように
心からお祈り申し上げます。

過去と未来への祈り〜8年が過ぎて2019年03月12日 11:51

東日本大震災とそれに続く原発事故が起こったのは、父が肺炎で急逝して間もない時でした。

真っ黒な津波や、水素爆発を起こす原発。おびただしい数の犠牲者……。

父を失った喪失感に、震災と原発事故の衝撃が重なり、

書くのが仕事だというのに、それからしばらく、ペンを執ることができなくなりました。

 

あれから8年。

いまなお、気持ちの整理がつかないところがあり、胸には衝撃と悲しみの余波があります。

そして、いまなお、多くの方が、仮設住宅での暮らしや避難生活を続けています。

時は悲しみを癒すというけれど、悲しみは深まることもあるし、

時間は止まってしまうこともある……。

 

わたしはいま、幸運にも、生かされています。

亡くなった方たちへ鎮魂の祈りを捧げながら、その方たちの分も精いっぱい生きて、

世界を、あのときよりも、よいものにしていかなければ、と思っています。

昨日と今日は、祈りの日。そして、決意を新たにする日。

昨夜は、月が、とてもきれいでした。