『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』主演二人の絶妙なケミストリー2019年11月12日 21:03


ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

世界で大ヒットした映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』が、

間もなく、新たなシーンを加えた10分拡大版で帰ってきます。

11月15日(金)から28日(木)までの二週間限定上映です。

 

それにはどんなシーンが追加されるかわからないのですが、

ここで先日観た通常版の紹介を・・・。

 

舞台は1969年のハリウッド。主人公は二人の男。

ディカプリオ演じる、ちょっと落ち目のテレビ俳優リック。

黄金時代のエネルギッシュでポップなハリウッドで、

映画俳優として新たなキャリアを開こうと奮闘中。

かたや、ブラッド・ピット演じる、リックのスタントマン、クリフ。

リックが個人的に雇っていて、運転手兼雑用係。テレビのアンテナが

壊れれば、ひょいと屋根に上がって直すのもお手のもの。

 

ハリウッドの高台にあるリックの邸宅の隣に『ローズマリーの赤ちゃん』で

一躍名を馳せた新進気鋭の監督ロマン・ポランスキーと、

その新妻で女優のシャロン・テートが越してきて、物語は動きだします。

そして、観客もドキドキしはじめる仕掛けになっています。

なぜなら、この1969年の8月9日、身重だったシャロン・テートは

その新居で、友人とともに、狂信的カルト集団に惨殺されたのですから。

 

当時、わたしは9歳。シャロン・テート事件として、

日本でもセンセーショナルに報道されました。

大人にとってもそうだったでしょうが、なぜそんな残酷なことをする人がいるのか、

事件は、子どものわたしにとって、夜も眠れなくなるくらい衝撃的でした。

 

タランティーノ監督にとっても、その事件はずっと心にあったのでしょう。

この作品を見ると、それがよくわかります。

「ラスト13分。タランティーノがハリウッドの闇に奇跡を起こす」と

リーフレットにあるので、最初からちょっとネタバレという感じですが、

そこは狙ってそうしているのでしょう。

 

この作品のポイントは、クライマックスとなるその運命の日何が起こるか

ということと、その鍵を握るリックとクリフーー

ディカプリオとブラピのケミストリーの絶妙さにあります。

この二人が、なんともいい味のコンビに仕上がっていて、

どちらも肩の力の抜けた演技で楽しませてくれました。

リックが8歳の女優役の少女と話すシーンとか、

誰にでも優しいクリフが、がつんと言うべき相手には、

がつんと言う(というか、がつんと殴る)シーンとか、

それぞれのシーンも、見応えたっぷりです。

 

『大脱走』のオーディションが出てきたり、

あの『ゴッド・ファーザー』のアル・パチーノが、さすがの存在感で登場したり、

小さなお楽しみもたくさんありますが、

なんといっても、二人の男の(おしつけがましくない)友情がよかったです。

こういうバディもの、とても好きです。

クリフと愛犬ブランデーのコンビも、あなどれません。

(ブランデー、ぶさ可愛く、忠犬ぶりも半端じゃないんです。見終わったあと、

後ろの女の子が「あんな犬、ほしい〜」と叫んでいました。)

わたしも『ママはシングル』という小説で、ブランデーという名の犬を

登場させているので、なんだか嬉しくなりました。

 

そしてラスト。現実にはそうならなかったことを、わたしたちは知っているのだけど

せめて映画の中だけでも、ああ、よかったねと思えて、ちょっとほっとしたのでした。

ダイロス〜永遠の生を望んだ男2019年11月04日 17:19


ダイロス・スケッチby fumiko

ダイロスは、サラファーンの星四部作を通しての一番の悪役です。
悪役という表現が妥当かどうかはわかりませんが、フィーンの世界から、
彼らの至宝、サラファーンの星を奪い、世界のバランスを崩し、
永遠の命を望んだ男として、
また、世界中を巻き込む戦争を起こした男として、登場します。

絶世の美男で、ギリシャ彫刻のような肉体、カリスマがあって、
頭脳明晰、芸術にも秀でて、武術の達人であり、魔術をも操る。
第三巻『盗賊と星の雫』の、恩師ガリウスとの久々の対面から
第四巻『星水晶の歌』の終盤、ランドリアとの一騎討ちにいたるまで、
彼(および、彼のシーン)を描くのは、とてもチャレンジングで、
わくわくどきどきして、楽しかったです。

そして、それ以上にチャレンジングだったのは、公式サイト用に
彼のイラストを描く作業でした。
こちらは楽しいんじゃなく、もう難行苦行!
何度投げだそうと思ったことか。

キャラクターのイラストは、まず、ラフスケッチを荒川ディレクターに
チェックしてもらうところから始まるのですが、
ダイロスに関しては、何度もだめ押しが出て、泣きそうでした(T_T)
(でも、荒川ディレクターから、ダイロスのイラストがないのは
まずいんじゃないですかね、と言われていて、やめるわけにいきません。)

いつも頭にあったのは、わたしの年代の人はわかると思うんだけど
「美男といえば、アラン・ドロン」
わたしも、中学生の時、大ファンでした。
頭の中には、彼の映像がいっぱいあります。
手もとには、古い映画のパンフレットもあります。
そして、本当に便利な世の中になりましたが、ネット上には彼の写真がいっぱい。

あれこれ参考にしながら、ようやく完成したのが上のイラストです。
本当は、もっと、カリスマ性を出したかったのですが、これが限界!
ということで、スキャンしてデータを渡し、
いつものように、チャーミングなデザイナー、畠山さんにCGにしてもらいました。

(あとから、二重まぶたの眉頭の下の部分が、長すぎることに気がつき、
急遽、修正テープで訂正した下のイラストを送って、
「こんなふうに直しておいてくださ〜い」と、面倒なことをお願いした、
問題の多い依頼主です。反省。。。)

ダイロス・スケッチ(部分)by fumiko

髪の色は、プラチナブロンドに近いイメージなのですが、畠山さんに色をつけて
もらったところ、プラチナブロンドだと、輪郭がはっきりしなくて、
ちょっと優しいイメージになってしまったので、結局、普通のブロンドっぽくして
もらいました。

最初にイメージにあったのは、ジュード・ロウなのですが(金髪碧眼だし)、
彼もやっぱり、ちょっと優しすぎるかな……。
アラン・ドロンは、黒髪のところが、ダイロスと違うけれど、
冷たいイメージも出せるんですよね。
(『若者のすべて』みたいに、優しい男を演じても、すごく雰囲気あるのですが。)

さて。ダイロスのイラストは、恩師のガリウスとともに先日公開して、
相関図のイラストは、残りあと、フェルーシア、ハル、ステランです。
実は、すでに完成しているのですが、現在、荒川ディレクターが取り込み中の模様。
手が空き次第、順次公開予定です。

沖縄の心2019年10月31日 21:18

首里城が焼け落ちる映像に、言葉を失いました。
沖縄は、子どものころ家族で初めて行ったときから好きになって、
たびたび訪れています。
美しい自然とともに、琉球王国のグスクには、とても心を惹かれます。
日本の宝物であり、そしていまや、名実ともに世界の遺産。

そのひとつで、沖縄の心と呼ばれる首里城がこんなことになるなんて
信じらない気持ちでいっぱいです。
戦争で消失してしまった首里城を、今年の一月まで、長い歳月をかけて、
ようやく復元し終えたばかりだったのに……。

パリのノートルダム寺院が焼失したときにも、思いましたが、
他県に住むわたしが、これほどショックを受けているのですから
沖縄の方々の悲しみはいかばかりかと思うと、胸がつまります。
心からお見舞い申し上げます。

どうか、首里城が一日も早く再建されますよう、
美しい姿が不死鳥のようによみがえりますよう、お祈りしています。

美しい星空に輝く星座は…ギョー座!2019年10月30日 00:05

20代のころ、広告代理店にいたので、CMはけっこう気になります。
思わず笑ってしまったり、心が温かくなるようなCMが好きです。
めったにお目にかかれないだけに、見つけると、嬉しいです。

映画好きなだけに、トミー・リー・ジョーンズが缶コーヒーの宣伝に
登場したときには、拍手を送りました。
(起用しようと思った人も出てくれた本人も偉い!)

最近の我が家のお気に入りは、ソフトバンクのCM。
といっても、まだ一回見ただけですが、どんなCMかというと・・・

冒頭、美しい星空が目の前に広がります。
その星空に感激するふたりの若者(Starring岡田准一&賀来賢人)。
「星空きれいだろ」とひとりがいうと、もうひとりが輝く星座を指さし、
「あ、ギョー座!」(ほんとに餃子の形をしてます☆)
もうここで、爆笑。
お次は、水ギョー座。(水餃子の形をしています☆)
その後の展開も、抱腹絶倒。
商品名が出たあとも、お見逃しなく!

サラファーンの星シリーズでも、
その世界の星座を登場させようかなと思ったこともあったのですが、
そのほかに、食べ物や動植物、楽器など、独自のものが出てくるので、
これ以上ディテールに懲りすぎても、読むのが辛いかなと思って、
銀河や星々、という表現にとどめました。
(このCMの流れでいうと、カシェル座や、シラファス座ですね。)

テレビはあまり見ないほうなので、CMもあまり見ないのですが、
フィギュアスケートのグランプリシリーズカナダ大会か、
それとも、ラグビーの南アフリカVSウェールズの時に見たのかな。
大画面で見ると、星空が本当にきれいでした。

『ユリディケ』第2部の連載を終えて2019年10月24日 17:41

『ユリディケ』改稿版、第2部の連載が終わりました。

第Ⅰ部と同じく、サラファーンの星とのつながりを、より感じられるようにと思い

登場人物の性格や設定の微調整、地名や植物、食べ物のディテールなど、

最初にざっと書きなおしたときよりも、かなり手を入れることになりました。


物語そのものや、流れは変わっていません。

やはり、初めて書いたときの新鮮な感覚は、大切にしたいと思いました。

 

キャラクターとして最も手を入れたのは、ヨルセイスです。

『ユリディケ』ではまったくの脇役ですが、サラファーンの星を書く段になって、

謎めいた過去を持ち、深い哀しみを秘めていることがわかってきたので、

そうしたことが、少し感じられるといいなと思って。

 

今回は、彼が、持ち前の優れた戦闘能力を発揮するシーンはありませんが、

武術に秀でていると同時に、繊細さとやさしさを兼ねそなえた存在として

ところどころに顔を出してもらいました。


サラファーンの星の終盤では、ある灰色の騎士との死闘もあり、それは

二千年の歳月を経てなお、彼の心に暗い影を落としているだろうと思いました。

そのことは、ちらっとほのめかすだけに留めましたが、やはり外せない要素でした。

 

ヨルセイスの葦毛(あしげ)の馬は、シルフィエムという名です。

(「夜明けの風」を意味するフィーンの古い言葉、という設定です。)

サラファーンの星では、カタカナ名が多いので、煩雑さを避けるため

単に「葦毛」あるいは「フィーンの葦毛」としたのですが、

今回は登場人物も少ないので、大丈夫かなと判断し、一か所だけその名を入れました。

ようやく出せて、ちょっと嬉しかったです。

 

ユナの時代の地名には、二千年前の地名を引き継いでいるものもあります。

サラファーンの星の二巻と四巻に登場する港街スリン・ホラムも

おそらくそうだろうと考え(旧バージョンには出てきませんが)

デュー・レインとワイス大尉の故郷として、名前だけ登場させました。

彼らの前世に縁の深い街です。

きっと、申し合わせて、同じ街に生まれてくるんじゃないかなと思って。

 

『ユリディケ』を書きあげたあと、前世の物語がたくさん浮かんできた人物の

ひとりが、デュー・レインが最も信頼する部下、ワイスでした。

そうして彼は、前日譚では重要なキャラクターのひとりとなりました。

今回、改めて『ユリディケ』に戻ってみると、本当にちらっとしか出てこないし、

デューとの関係も、なんだか薄い印象でした。

物語は変えたくないので、出番はほとんど増やせませんでしたが、

上官と部下ではなく、もっと対等な間柄にして(軍での階級はデューの方が上ですが)

厚い友情が感じられるように書き換えました。

また、ワイスが戦死した弟について語るシーンは、ナイーブすぎる気がしてカット。

恋人を想っている(と彼の表情からデューが思う)シーンを入れました。

(本当は、その恋物語も入れたかったのですが、そんなことをしていると、

どんどん話が横道に逸れるので、それはあきらめました。)

 

ディテールに関しては、マレンの木を登場させました。

四部作では、真冬のギルデアに、柑橘系の香りのする白い花を咲かせるとして、

たびたび出てきた灌木です。

かつて、デューやワイスと、マレンの大地を渡ったヨルセイスは、今回もまた

彼らとその大地を渡ります。そして、ユナとルドウィンも。

石榴のような赤い実をみのらせる栗麦(くりむぎ)や、その栗麦粉で作るパン、

サラファーンの星を書きながら、目に浮かぶようだった紺碧の南アルディス海も

遠乗りのシーンで、少しだけ、登場させました。

 

11月からは、第3部「光と影を制する者」に入ります。

サラファーンの星四部作は読み終えて悲しくなったという感想もいただきます。

『ユリディケ』にいたる道として、「悲しい伝説」の時代を描いたので、

メインの人物も半分姿を消し、どうしても悲劇的な要素が強くなりました。

それでも、希望の感じられるエンディングにしたつもりです。

(あれで?と突っ込まれそうですが…)


個人的には、ハッピーエンドが好きです。(例外的に、好きな悲劇もありますが。)

『ユリディケ』は、読み終わったとき、幸せな気持ちになっていただきたいと

思っています。

エピローグを入れて残り10章。

最後までおつきあいいただけたら嬉しいです。