ニッキ〜恋多き闘う看護師2020年04月23日 13:25


戦う看護師ニッキby fumiko

看護師ニッキは、第二部『石と星の夜』から登場する、諜報員パーセローの妹です。
ほとんどの男性より背が高く、強くて体力もあり、すごく細いのに、
いわゆる痩せの大食いで、とっても食いしん坊。
親友のマリアとともに、食べることが大好き。
でも、おっとりしたマリアと違って、とっても気が強く、炎のような性格です。

ほれっぽくて、すぐに恋に落ちて、とっても情熱的。
都の陸軍病院では、訓練中の落馬で負傷した見習士官を好きになって婚約したり、
従軍看護師として向かった野戦病院では、ボランティアで来た医師、ランス先生に
ほれこんだり、瀕死の状態で運び込まれた若者(黒のジョー)に、
いつのまにか恋したり。

曲がったことが大嫌いで、間違っていると思えば、どんな権力にも負けずに
盾突くので、あちこちでクビになったり、問題を起こしたり。
つねに患者の立場に立って、命を救うためなら、自分のすべてを捧げます。

欠点もいっぱいだけど、ニッキはちっとも憎めなくて、彼女のイラストを描くのは
けっこう楽しかった記憶があります。(いつもは拷問のようなのですが!)
顔も細面で、すらりとした感じが出るよう、首を長くして、制服もそれが引き立つ
デザインしてみました(上のスケッチ)。
そして、それをもとに、いつものようにデザイナーの畠山さんが、素敵なCGにして
くれたものが、こちらのイラストです。
(眉と瞳がわたしのスケッチより優しく、畠山さんの性格が反映されています(*^_^*))

看護師ニッキbyF&M

ニッキが命がけで戦場の最前線に立っていたように、今、世界中の看護師さんが、
わたしたちを守るため、命がけで最前線に立ってくれています。

眠る時間もないほど、肉体的にきついのですが、精神的にもきついと聞きます。
患者さんの臨終に、家族の方々に立ち会ってもらえないことが多くて、
家族の悲しみを思うと、とても辛いというのです。
医療に従事している人たちには、人のために役に立ちたいという、優しい心の人が
多いと思うので、いっそうこたえることと思います。

そんな医療従事者の方々を差別する人がいるといいます。
とても悲しいことですね……。
そういう人たちにも、知らずに感染して感染を広げている人がいるかもしれません。
誰でもその可能性はあるのですから。
また、もし自分が発症して倒れたら、そのときに救ってくれるのは医師や看護師の方々。
ちょっと想像力を働かせれば、わかることですよね。
そういう人たちは、本当に少数だと思いますが、万が一、医療従事者を差別するような
人に出会ったら、そんなふうに伝えてみてくださいね。

毎日、感染で亡くなった人のニュースを耳にします。
昨日は、岡江久美子さんが亡くなりました。
もちろん、直接知っているわけではありませんが、
美人なのに親しみやすく、明るくてやさしい方がと、ショックで残念です。

看護師さんたちが胸を痛めているように、お別れも満足にできないし、
これまでに亡くなった多くの人たちの時もきっとそうであったように、
ご家族の無念さ、悲しみの深さは、想像することもできません……。

こんな悲しいことが少しでも少なくなるよう、今はじっと家にいようと思います。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログのタイトルは「サラファーンの○ができるまで」です。
○に入る漢字一文字はなに?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://serafahn.asablo.jp/blog/2020/04/12/9234586/tb