思わぬ事故2019年03月28日 11:27

日曜日、思わぬ事故で脊椎の圧迫骨折をしてしまいました。
衝撃を受けた際、バキッと音がしたので、ああ、やった、と…。
幸い、『ユリディケ』連載の昨日27日分は、ネットにアップする準備ができていたので
(いつもはぎりぎりなのに)無事公開できてよかったです。

救急病棟のベッドでCTの順番を待っているとき、わたしは、動けないだけで、意識は
はっきりしているので、病人や怪我人が次々と運び込まれてくる様子がよくわかりました。
スタッフの方々の親身でプロフェッショナルな対応はすごかったです。
わたしがお世話になった救急隊員や看護師さんたちも、優しく、かつ、てきぱきされていて
本当に頭が下がりました。ありがとうございました。

コルセットも昨日できあがり、それをはめたらずいぶん楽になりました。
三か月はずっとはめていて、おとなしくしていなければならないのですが、とりあえず
動けるようになって、ほっとしています。

ところで、イチロー選手が引退しましたね。本当に唯一無二の存在だと思いますが
彼のなにが特別だって、どんなときにも、黙々と努力を重ねることだと感じます。
記者会見で、記録はいずれ誰かが抜いていくと思うけれど、去年の5月からシーズンの
最後の日まで、あの日々はひょっとしたら誰にもできないことかもしれないと、
ささやかな誇りを生んだ日々だった、と語っていたことからも、そのことを強く感じました。
第二の人生に幸あれと祈らずにはいられません。

そして、世界フィギュア選手権も終わりました。(骨折騒動で、エキシビションを
見逃しましたが、妹が録画してくれました。楽しみです。ほんとは民放でアイスダンスや
ペアもオンエアしてほしいなぁ…)
ものすごくハイレベルな試合で、連日熱戦でしたね。

スポーツである限り、採点方法が決まっていて、美しくすべった選手が必ずしも一位では
ありません。でも、かつて、荒川静香さんがトリノ五輪で、点数より美しさにこだわって
イナバウアーで人々を魅了したように(結果的に金メダルで、それも素晴らしかったですが)
ひとりの観客としては、美しい舞が好きです。

宮原知子ちゃんのフリーは、本当に力強く美しかった。わたしの中では金メダル!
羽生くんとチェン選手のすさまじい対決も鳥肌ものでしたね。ただ、やっぱり美しさで
いえば、断然羽生くんだと思います。
今シーズンは、ジョニー・ウィアー(人柄も含めて大好き!)とプルシェンコに捧げる
特別なプログラム、というところも、心を揺さぶられました。
怪我からの復帰もすごかった。まだ完治していないようなので、大事にしてほしいです。

ほかの選手もみんな応援したいです。ひたむきに取り組んでいる姿を見ているだけで
胸がいっぱいになります。いつも、見習いたいと思っています。

コメント

_ 君影草 ― 2019年03月31日 17:02

遠藤先生 どうぞどうぞお大事になさってください。ご無理されませんように。こちらのサイトで元気と優しさを頂きながら まもなく入学してくる数十人の子供たちを笑顔で迎え入れたいと思います。

_ fumiko ― 2019年03月31日 20:03

君影草さま
優しいコメントありがとうございます。
先生をしていらっしゃるのでしょうか。素敵な、そして大切なお仕事ですね。
お子さんたちもみんな、きっと心待ちにしていますね。
素晴らしい新学期となりますように。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログのタイトルは「サラファーンの○ができるまで」です。
○に入る漢字一文字はなに?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://serafahn.asablo.jp/blog/2019/03/28/9052492/tb