近況&『ユリディケ』今後の連載予定2021年04月25日 15:52

ブログもネット連載もなかなか更新できずにごめんなさい。
体調は、過労気味なのをのぞけば、ほぼ回復したのですが、
家族をめぐる状況は依然厳しく、今はそのサポートでいっぱいいっぱいです。

『ユリディケ』は残り数章。
何度も休載したくないので、再開したときには、きちんと月2回のペースで
更新したいと思ってきましたが、
書き上がっている次章、38章は、4月28日に公開しようと考えています。
37章が思い切り中途半端な(そして絶望的な)状況で終わっているので、
こんなところで長いことお待たせしているのが申し訳なくて。
(自分が読者だったら、やだなぁって。)
じゃ、38章はきりがいいのか?と聞かれれば、決してそうではないのですが
(というか、中途半端という意味では、さらに中途半端かも。すみませんm(_ _)m)
少なくとも、何人かの人物について、どうなったかペンディングになっていることが
見えてくる章なので、ここまではお伝えしておきたい、と。
39章からエピローグまでは、7月以降を予定しています。

第三部は、大幅に加筆訂正していて、30章以降は、ほぼ何もないところから
書いています。
前にこのブログで書きましたが、サラファーンの四部作を書き終えたあとでは、
グルバダ(ダイロス)の人物造形が、従来のままではかなり違和感があることと、
最低でも四部作に出てきていたこの人物は、また出てこなきゃ!という人物を、
薬草使いの少年として、新たに登場させたことなどが、その理由です。
(彼のことは、いずれブログの記事にしますね。)
物語の流れは基本的に変わっていませんし、
読み終わった人がハッピーな気持ちになれたら、という願いも変わっていません。

長編の執筆で大事なのは、体力! なにがなくとも体力です。
また、途中で休んでしまうと、書く筋肉が衰え、リハビリが必要です。
そのリハビリとして、これまでのパートで気になっているところに
手を入れながら、先のプロットや背景、ストーリーをファイルにまとめてきました。
こうした物語は、バーンと時間を取って、一気に書くのが望ましいのですが、
今の状況では望めないので、体力と時間のないなかでも、
なんとか工夫してできるよう、チャレンジしています!

コロナ禍が続いています。
そして、コロナが原因で、たくさんの問題が起きています。
医療崩壊や、医療関係者の方々の過労、DV、失業、社会不安…。
わたしの家族と同じ、鬱病も増えていると聞きます。
大変な毎日ですが、こんなときだからこそ、想像力を使って
相手のことを思いやり、お互いにやさしい社会でありたいですね。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログのタイトルは「サラファーンの○ができるまで」です。
○に入る漢字一文字はなに?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://serafahn.asablo.jp/blog/2021/04/25/9370838/tb