『星の羅針盤』〜つかのまの平和な日々2020年02月17日 17:34


『星の羅針盤』書影

〈サラファーンの星〉は、第一部から第四部まででひとつの物語ですが、
四部とも、それぞれ違う雰囲気の本になっています。

第一部『星の羅針盤』は、戦火を逃れてきたリーヴの一家が、最果ての国の
伯父の家、サンザシ館で過ごすつかの間の平和なひとときを描いています。

村外れの森に住むフィーンの娘との出会いと交流という、非日常の出来事や、
伯父の過去には秘密があることが暗示され、
のちに戦争が影を落とし、戦乱の時代が来ることを、ほのめかしながらも
全体としては、まだ毎日がきらきらと輝いている世界です。

第二部『石と星の夜』はスパイたちが暗躍する陰謀の物語、
第三部『盗賊と星の雫』は地下牢に囚われた盗賊の目を通して、サラファーンの星
(フィーンのダイヤモンド)にまつわる過去の物語、
第四部『星水晶の歌』は、滅びゆく世界を背景にした戦争や冒険ものという要素が
強いでしょうか。
世界を救おうと奔走する者たちと、それをはばむ力との最後の戦いの物語です。

今日はまず、『星の羅針盤』の舞台裏のお話を。

冒頭の書影は、文庫版のものです。
本の見本ができてくるときには、ジャケットや帯がどんなだろうと、
いつもドキドキします。
『星の羅針盤』は、単行本とは変えますと言われていましたが、
見本が届いたとき、単行本とものすごく違うのでびっくりしました。
ダイヤモンドの剣も、かなり違います。わたし自身のイメージは、単行本の
細身でシンプルなイメージが近いのですが、
文庫版のがきれいだと言ってくれる人もいたり、リーヴのイメージもそれぞれで、
百人いれば百通りだなぁと感じ入ります。

帯のキャッチコピーは、「預言の英雄はどこに」でしたが、
こちらは、あ、ちょっと違うかな、と思いました。
プロローグで、預言者が、さだめられた英雄が誰かよりも、
われわれがいかにあるかが大切だと語ったように、
この四部作は、剣の探索に行く者だけではなく、ひとりひとりが成すべきことをする
群像劇としての物語なので、そのことがわかるコピーを、わたし自身が考えて、
提案してみればよかったのかなと思ったりもします。
ファンタジーは、やはり、英雄物語、というイメージが強いのかもしれません。

この第一部。30年前に草案を書いたときは、黒のジョーとその一味が
男爵の馬車を襲うシーンはありませんでした。
また、ランドリアが暗殺事件にかかわったハンターを追い詰めるシーンも
ありませんでした。
ただ、当時原稿を読んでくれた理論社の岸井さんから、事件が少なすぎるとアドバイス
してくれて、第二部に入れる予定だったそれらのシーンを、前倒ししたのです。
それでもまだ退屈、という意見もあったのですが、
あまり最初から登場人物を多くしたくなかったので、そこは難しいところでした。

『星の羅針盤』には、さり気ないシーンにたくさんの伏線を張り巡らせました。
一度読んだだけではわからないように。けれども、ちゃんと描いておくことで、
「フェア」になるように。
たとえば、ダン伯父さんとジョサ、ハーシュの異母兄弟の秘密は、第二章から入れて、
全般にわたってちりばめました。
注意深く読めば、あれ?もしかして、と感じられるように。
行方不明のトゥーリーの話も、第二章に早々に登場させました。

わたしは、子どもの頃から、気に入った物語を何度も繰り返し読むくせがあります。
二度、三度読んでも、そのたびに新しくなにかを発見できる物語も好きなんです。
もちろん、この四部作を二度読まれる方はめったにいないでしょうけれど
(こんな長い物語、一度読むだけでも時間がかかって大変ですよね!)、
もしもぱらぱらと読み返したとき、あ、ここにこんなことが書いてある、などと
楽しんでいただけたらいいなと思っています。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログのタイトルは「サラファーンの○ができるまで」です。
○に入る漢字一文字はなに?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://serafahn.asablo.jp/blog/2020/02/14/9213947/tb