八千穂高原の星空2019年07月06日 22:08


八千穂高原 by Shumon Saito

わたしの創作のミューズ、つくばの友人は、ご主人がつくば大学の教授を退官された後
仙台に引っ越しました。ご主人は仙台、彼女は石巻の出身なのです。
東日本大震災の二年後のことでした。

森を望むマンションを訪れたとき、ご主人が、甥御さんの齋藤朱門さんの作品集
だといって、夢のような銀河の表紙の写真集を見せてくださいました。
"Dynamic Landscape Photographs" というタイトルの大判の本です。
どの写真も、あまりに素敵で、言葉が出ませんでした。

そして、この写真に出逢ったときには、息をするのも忘れました。
しんと静まりかえった雪の森。その上に輝く無数の星……。
ひと目で恋に落ちました。
サラファーンの銀の森のイメージが重なって、吸いこまれそうでした。

巻末には、八千穂高原の星空と説明がありました。
いつかサラファーンの星の公式サイトを作ったら、この写真を使えるといいなぁ。
そんな夢みたいなことを、そっと思いました。

数年後、本を書き上げて公式サイトを立ち上げるとき、その夢が叶って、
齋藤さんの写真を、公式サイトとプロモーション用のムービーに使わせていただくことに
なりました。
本当に幸運な出逢いでした。

齋藤朱門さんの素晴らしい写真の数々は、こちらでご覧になれます。

サラファーンの星トレイラームービー2019年07月07日 17:26



昨年、サラファーンの星公式サイトを作るにあたり、まず予告のMovieを作りました。

八千穂高原の星空をトップに、齋藤朱門さんの写真と詩で構成しました。
制作は知人を通して紹介してもらったHert1(ワン)の関山泰弘さん。
BGMは、シューベルトの即興曲作品90の第3番。

子どものころピアノを習っていたとき、作品90の他の曲は弾いたのですが
この第3番は弾かずじまい。
いつかまた習ったときに弾きたい憧れの曲です。

持っているCDはアルフレッド・ブレンデルの演奏で、少しゆっくり目で素敵なのですが
演奏から50年経っていませんので、著作権の関係で、パウル・バドゥラ=スコダが
1953年に演奏したものを使っています。

今夜は七夕。みなさまの夢が叶いますように☆

杏ジャムとはやぶさ22019年07月12日 21:52


杏ジャム by fumiko

昨日、杏ジャムを作りました。
今年は怪我をしたこともあって、たくさん作るのは難しいかなと思って
杏は取り寄せはせず、青果店で買い求めました。

杏は、半分に切って(手でぱかっと割って)種を取り、鍋に入れて砂糖を振りかけ
ひと晩おいて火にかけ、20分ほど煮るだけでとっても簡単。
砂糖は控えめにして、果実の形がまだ残っているくらいのが好きです。
甘酸っぱくて、とっても美味しいのです。
リーヴやウィルナーが作ったカシェルには、こんジャムや生の杏を添えた
のではないかと思います。

ジャムを作っていたころ、遙か離れた宇宙空間では、はやぶさ2が、
重要なミッションのまっただ中でした。
りゅうぐうへの2度目のタッチダウンです。今回は、先日作ったクレーターへの着陸。
ドキドキしましたが、成功の知らせに、やった〜!と胸が躍りました。
そして、思いきり安堵しました。
杏ジャムつくりは、ほとんどリスクがないので、まず失敗しないけど、
全てを失うかもしれない、本当に難しい任務だったのですから。

プロジェクトマネージャーが記者会見で、100点満点だとしたら何点?と問われ
1000点とこたえていたのが印象的でした。
「太陽系の歴史のかけらを手に入れた」
本当にわくわくします。来年の終わりに、無事に地球に還ってくるのを
楽しみに待っています。

銀色狼〜輝くたてがみを持つ森の守護者2019年07月15日 17:41


銀色狼スケッチ by fumiko

薄い透けるような葉のあいだから、星明かりがこぼれる神秘的な森。
そんな夜の中を、銀色の狼が、ひとりの娘とともに歩いている姿が浮かんだのは
ずいぶん前のことです。
もともとは、まったく別の短編だったのですが、いつのまにか、わたしの中で、
ルシタナが、大きな狼をともなって、銀の森を歩いている姿と重なっていました。
そして、その姿も、はっきり見えるようになりました。

銀色狼……。そんな言葉が浮かびました。
けれども、どんないわれの狼かは、最初はよくわかりませんでした。
フィーンの旧世界が滅びるとき、フィーンと一緒にこの世界に渡ってきたのだと
ぼんやり感じましたが、なんといっても、強烈に伝わってきたのは、その姿。
フィーンと同じように、淡い光りを帯びたように輝いて、長い鬣が、月光のように
きらめきながら、風になびいています。

それから、一頭の銀色狼が、満月がのぼる雪の大地を、一心に駆ける姿が浮かびました。
また、眼下に森を見晴らす崖の上で、遠吠えをしている姿と、その声が聞こえました。
金色の瞳をのぞくと、そこには、銀河が渦を巻いて息づいていました。
サラファーンの星の、大切なエレメントだと感じました。

物語の中で、銀色狼は、フィーンの旧世界と、この世界の架け橋のような存在です。
前世で、フィーンに縁のある登場人物には、その遠吠えが聞こえたり、夢で姿を見たり
また、実際に、銀の森を訪れたときには、直接出逢ったりします。

公式サイトに「自然と暮らし」コーナーを作るにあたって、「生き物」のアイコンは
絶対に銀色狼にしようと決めていました。
デザイナーの畠山さんが、わたしのこのおおざっぱなスケッチを、いつものように
素敵なCGにしてくれました。
CGは額の白い星のないバージョンです。星があるのは、銀の森の一頭だけなのです。

犬好きで、犬の祖先だからか、狼にはとても心惹かれます。
旭山動物園を訪れたときも、森林狼に会えるのが一番楽しみでした。
リーヴが、銀色狼のふさふさしたたてがみのある大きな首を抱きしめるシーンは
描きながら、そのぬくもりや感触が伝わってくるようでした。

(『ユリディケ』を書いたときには、銀色狼の存在は知らなかったのですが、改稿の連載に
あたっては、絶対に外せないでしょう!と思って、冒頭から入れています。)

京都への祈り2019年07月20日 21:16

一昨日、友人夫妻と数年ぶりで夕食をともにして、幸せな気持ちで帰ったあと、
京都アニメーションの放火事件で、大勢の死傷者が出ていると知りました。
とても信じられませんでした。あまりに理不尽で、むごい事件です……。

アニメには詳しくないのですが、実家の大垣市が舞台の映画『聲(こえ)の形』も、
京都アニメーションが手がけていたと知りました。
今日、20日から、市内のロケ地などをめぐるスタンプラリーが始まったそうです。
子どものころから、よく歩いた、なつかしい場所も多く出ています。

殺伐として、生きづらさを感じることも多々ある社会で、
夢と希望を与えるアニメーションの世界。
そんな仕事にコツコツと携わってきた人たちの命が一瞬の凶行で奪われてしまったなんて、
悲しくて、残念でなりません。
犠牲になった方々とご家族の方々に心からお悔やみ申し上げます。
そして、負傷された方々が一日も早く回復されますように。このような事件が、
二度と起こりませんように。
そのためにはどうしたらよいのか。日々考えていかなくてはと思っています。